法定相続情報証明って何?

法定相続情報証明の申出も行政書士の仕事です

令和元年10月7日更新

法定相続情報証明制度とは、その名のとおり、法定相続人の情報を家系図のような一覧図(法定相続情報一覧図)にして法務局に申し出する制度です。

申し出すると、その「法定相続情報一覧図の写し」で法定相続人が誰であるか確認できますので、相続登記や金融機関での相続手続きをスムーズに行うことができます。

どういうことかといいますと、これまでは法務局での相続登記や金融機関での預貯金の払い戻しなどの手続きの際に、戸籍謄本の束をいちいち持参しなければならなかったわけですが、その必要がなくなり、一覧図で複数の相続手続きを同時に進めることができます。

この申し出は無料でできますし、一覧図の写しも無料で必要な通数発行してもらえますがお金は一切かかりません。

ただし、亡くなった被相続人の出生から死亡までの除戸籍謄本や住民票の除票、相続人の戸籍謄本を取ったうえで、一覧図を作成しなければなりません。

この一覧図の作成ですが、法務局のホームページに、相続人のパターンごとにエクセルの様式が掲載されていますので、ダウンロードして記入作成することになります。

そして、申出書と一覧図に、被相続人の除戸籍謄本、住民票の除票、法定相続人の戸籍謄本、運転免許証のコピーなど申出者の身分を証明する書面を添えて提出します。

しかし、提出しても、その日に一覧図の写しがもらえるわけではありません。審査がありますので、後日の受取りとなります。

受付で整理番号や処理完了日が書かれた処理状況確認票なるものが渡されますので、処理完了日の翌日以降に受け取りに行きます。郵送してもらう方法もありますので、その場合には申出書に記入します。

提出した被相続人の除戸籍謄本、住民票の除票、相続人の戸籍謄本は、受け取り時に返却してもらえますが、それ以外の原本は提出時にコピーを添付しないと返却してもらえませんので注意が必要です。

ところで、相続手続きに不可欠な被相続人の出生から死亡までの除戸籍謄本の収集や相続人の戸籍謄本を収集には、相続人が多い場合には手間がかかりますし、被相続人の除戸籍を読み解いて法定相続人を確定するのは、複雑な戸籍の場合、読み慣れていない人には少々難しいかもしれません。

そんな場合には当事務所にご依頼下さい。当事務所は全国相続協会鳥取中央相談室を運営しており相続手続きの専門家でもありますので、戸籍謄本等をスピーディーに収集し、一覧図を作成することができます。

行政書士は、法定相続情報一覧図の作成と申出もできますので、ご相談をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です